Blog

設計士のひとりごと

新しい建築のための思考!

こんばんは

an. Design House  石栗です

本日は新川の現場のあとに

現場監督と一緒に現地調査に

南区川沿に向かいました。

新しいプランに入る前に敷地の調査は

とても大切になります。

その土地と対峙して、いろいろ

何があるのか耳を澄ませて

聞いてみますww

夜、プランに入る前に

家で・・考えているところでしたが

休憩中なのでブログを書くことに~w

 

設計などはすぐに紙に向き合い

作業に入るのではなく

しっかりとした思考・・・厳密には

自分自身の思考法をもって

建築がその敷地に求められること

 

さらには、社会性や環境に対する影響、

その近隣にある条件など

ありとあらゆる概念の中で

ベクトルを定め答えに向かっていきます。

設計やデザインなどまず二次元での

検証を進めその線が生まれるまで

何度もエスキースを繰り返し、

考えつづけます。

建築とはその詳細に至るまで

意味をもたせなければなりません。

図面に現れる寸法は何の答えなのか?

どうして、その寸法や質感や空間で

なければならないのか・・

お客様にとっての

大切な家となります。

根拠のないデザインは、やはり

無責任であり無意味になるのだと思います。

 

何日間はこの『問』について

考えていきます。

お客様にとっての素敵な住宅設計

 

今は人間の感性に寄り添うような

計画が求められるようになりました。

今後も新しい住宅への価値と空間を

模索していこうとも思っております。